迷う年齢?40歳で住宅ローンを組むなら気をつけておきたいこと

いつかは持ちたい自分の城。一戸建て、マンションにかかわらず、今すぐではなくとも家を購入したいと思っている夫婦は多いかと思います。そこで気になるのが住宅ローンの返済年数。あまり長くても将来が心配だし、短くても借りられる額が多くない…いろいろと悩ましいところではあります。

仮に40歳で住宅を購入しようと考える場合、定年は早くて20年後の60歳、定年後雇用などを考えてもせいぜい65歳か70歳までが限度でしょう。返済年数が長いほうがより多くの額を借り入れることが出来ますので、予算に余裕が生まれます。しかし、自分が退職してからもローンを支払い続けないといけないため、老後の生活が心配になるかもしれません。返済年数を短くした場合、定年後は返済を考えなくてよくなる分、借り入れる金額は少なくなるために予算が少なくなってしまい、希望の物件を購入するには予算不足といったことになりがちです。

果たしてどちらが正解なのか?それぞれの貯蓄状況によりますのですべてが当てはまるというわけではありませんが、正解は「多く借りて早めに返済する」ことが必要だと思います。どういうことかと言いますと、40歳の段階で完済が70歳のローンを選択。年収にもよりますが3000万程度なら借りることが出来るのではないでしょうか。そのローンをゆっくりと返済していくのではなく、繰り上げ返済を利用してどんどん返済していき、60歳程度を目安に完済していく、というものです。

この方法のポイントは、「今の段階でどれだけ貯金しているか」にかかってきます。100万円や200万円くらいしか貯金がないのであれば、そもそも家は買うべきではありません。頭金ゼロで住宅ローンを組む事もできますが、老後にどんどん負担がかかってきます。もし子供がいる場合、養育費でさらに支出が増えていきますのでローンが返済できない…なんてことになりかねません。逆に40歳を迎えて貯金がしっかりある場合は、頭金として貯金を利用すればより選ぶ幅も広くなりますし、借りたお金の返済にも充てられます。若く貯金がないうちに3000万円借りて返済していくのと、ある程度の年齢を迎えて、貯金を頭金として2000万借りて返済していくのでは、利息が大きく変わってしまいます。例えば4.5%の固定金利で3000万借り入れ、35年間(ボーナス月50万返済)返済していった場合、返済総額が約6000万円と2倍近くになるのに対し、貯金を1000万用意していたとして、同じ金利で2000万円を25年間(ボーナス月50万返済)で借り入れた場合の返済総額は約3300万と、ぐっと節約することが出来るんです。どちらの場合も繰り上げ返済を活用すればもっと節約することが出来ますよ。

しっかりと頭金を用意しておくことで後々の生活がラクになりますので、今40歳ではない若い人もしっかりと貯金はしておきましょう。また、住宅ローンは団体信用生命保険に加入する必要があるなど、健康状態も重要になっています。住宅ローンを組もうと思っているのならば、不摂生な生活は控えて健康を保つようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 《カードローン審査》コレで安心!絶対間違わない業者選び! All Rights Reserved.